運営者情報

サウナスーツを比較した情報、いかがでしたか?

どうぞご参考にして下さい。

ところで、昔から健康にいいといわれている「腹8分目」。

マウスを使った実験では、食事量を80%に制限した場合と、100%与えた場合とでは、その寿命に1.6倍もの差があったという報告があるそうです。

腹8分目が健康にいいのは人間も同様ですね。

では、8分目とは、どれくらいの量になると思いますか?

感覚的な判断になってしまうので、人によって異なり難しいですが、しいていうなら「今少しもの足りないと思う程度」

これを一般的な人の胃の要領に換算すると、男性で1.2リットル、女性で1リットルが目安になるそうです。

家畜に与える飼料のように、カップで簡単に量ることのできないのが、食卓がバラエティに富む人間の食事ですね。

もし、全部を計量カップに入れたらとイメージしながら、これだとチョッと足りないかな・・・・そう思うくらいが健康の秘訣のようですよ!!

あともう1つ・・・米国で減量と運動量の関係を調べた研究があります。

ピッツバーグ大学のジャキシック博士らの取り組みです。

肥満者約200人に共通した食事改善指導を実施し減量した後、運動量に着目して1年間追跡しました。

運動量(1週間に1000キロカロリーまたは2000キロカロリー)と、運動強度(中強度または高強度)の組み合わせで4グループに分けて比べました。

研究では運動を週5回勧めており、1回当たりの運動量は200キロカロリーか400キロカロリーとなります。

運動量は運動の強度と体重、実施時間の積から求められます。

例えば、体重が80キログラムの人が400キロカロリーを消費するのに必要な運動時間は、ウオーキングなら1時間15分続ける必要があります。

運動強度は心臓や肺にどの程度負荷がかかるかで分類すいます。

中強度は少しきついと感じる運動で、呼吸が速くなるが息切れしない程度が目安。高強度はきつい運動で、呼吸が激しく荒くなります。

1年後の体重減少量は、高強度で運動量が中程度のグループの2.9キログラムから高強度で高運動量グループの5.8キログラムまで差がありましたが、統計学的な有意差はなかったのです。

研究に参加した人が、指示した運動を実施しなかった可能性があったと研究チームは推測。

そこで、実際に実践した運動量で比べると、運動量が週1000キロカロリー未満のグループでリバウンドが大きく、週2000キロカロリー以上のグループでリバウンドが小さかったようです。


■www.サウナスーツ比較.com運営者:Yoko*Aki
■E-mail:news1962online★yahoo.co.jp ※最近迷惑メールが多いので★を@の小文字に変更して下さい
■住所:東京都世田谷区

サウナスーツ|いろいろ比較するならこちらがお勧めですのトップページへ